Moe Machida-Kosuga ✕ Sport Psychology

大阪体育大学 スポーツ心理学 小菅(町田) 萌

ゼミ合宿を終えて

10月 23, 2017
sportpsychstudent

こんにちは!小菅ゼミ3回生の宮内です😊

最近は、雨が続いてどんよりした日☔️が多かったですが、

台風も過ぎて久しぶりに晴れました🌞

 

今日は、10月のゼミ合宿を終えてからの活動を2つお話しします!

1つ目は、前回のゼミ合宿で作成した模造紙と発表のビデオをみて、

2グループに分かれて良かった点と改善点を話し合いました!

 

上がゼミ合宿で作成した、ポスターです。
大阪体育大学、スポーツ心理カウンセリングコース、このゼミで学ぶ意味を考えてまとめました!

 

続きを読む

夏休み~ゼミ合宿~

10月 3, 2017
sportpsychstudent

こんにちは!

小菅ゼミ3回生、副ゼミ長の灘本です。

長い夏休みも終わり、大学も始まりました。

部活三昧だった日々から、授業と両立する生活に切り替えないといけませんね。

皆様、この長い夏休み期間、充実した日々を送れましたでしょうか。

 

部活で忙しい中、夏休み終盤に小菅ゼミでは、3.4回生でゼミ合宿を行いました。

卒業生の方も数名来て下さり、ゼミでの話や就職の話など聞かせていただきました。

今回のゼミ合宿で3回生は、自分たちの学んでいる専攻分野について模造紙にまとめ、発表をしました。

作業中、卒業生の方から色々な話を聞いて、

現在、学校やゼミで取り組んでいることも自分が興味をもって取り組むどうかで

将来に繋がるか繋がらないかが変わるということも教えていただきました。

目の前のことには全力で取り組むことが大事ということを改めて考えました。

 

また、夏休み期間中の課題図書であった『日本の大学に入ると、なぜ人生を間違うのか』を読んで

日本の大学とアメリカの大学ではこれほどまでに違うのかということを感じ、

今まで当たり前だと思っていたことでもおかしいと思われる現実が数多くあることに驚きました。

 

例えば、授業の開始時間です。

日本ではたいてい9時始業ですがアメリカでは8時台に始まることが多いのです。

9時でも、早いと思う学生はいると思いますが、

では社会に出た時に勤務開始時刻が9時からという会社がどれほどあるのでしょうか。

ましてや新人ならば、開始時刻よりも早く来なければいけません。

そう考えれば、いかに甘えているかということが分かります。

社会に出るための下積みの場が大学というならば、現在の日本の大学の考え方に違和感を持たなければいけないと思いました。

などなど、この本を読んでアメリカの大学と日本の大学の違いを知ることで学ぶことがたくさんありました。

 

今すぐに授業開始時刻が変わることはありません。

ならば、それまでの時間をどう有意義に使い、行動するか。

大学の制度にばかり目を向けず、自分の取る行動も見直すべきだと思います。

そのためにもまずは知ることから始めなければいけませんね。

このようにゼミ活動を通して、新しい考えに出会えることが増えました。

 

今回の合宿でも、卒業生の方から話を聞いたことで心境に変化があった学生もいたように思います。

後期からまたゼミ活動も再開していますが、よりよいものになるように皆で協力して頑張りましょう!!!

では、また!!!✩

インターンシップとキャリア (生き方)

9月 20, 2017
moemachida

皆様、本当にお久しぶりになってしまいました。小菅 (町田) 萌です。

過ごしやすい日が増えてきて、秋の感じがでてきましたね!

 

さて、突然ですが、インターンシップという言葉はご存知でしょうか??

ここ数年、日本でもよく聞くようになってきています。皆様の会社や組織でも行われているかもしれません。

 

インターンシップとは、学生のうちに行われる、いわゆる社会に出ての就業体験です。

実は私も大学生時代に1年ほど、インターンシップとして地域のスポーツチームのコーチングをでしていました!

そこで、いろいろと進路を考えました

(まとめると、大学で学んでいることが現場で活かせる!という実感はできたのですが、

あまり向かないということに気づき、今に至りました 笑)。

 

今、日本で一般的に行われているインターンシップと、アメリカで捉えられているインターンシップは少し違うかな、

という印象なのですが、こちらについては是非、また違う機会で…

 

さて、大阪体育大学では、このインターンシップを授業として行なっています。

私が関わっているスポーツ心理カウンセリングコースは、全員必修です。

この授業では、インターンシップを選択するところから、しっかりなぜそこに行くのかを考える、

事前にしっかり準備をする、そしてその経験を振り返って、

自分のキャリア (生き方)、そして残りの大学での過ごし方を考えるということをしています。

 

私は日々、学生にはなぜ大学で、もっと言うと、なぜこの大学で学ぶのか、というのを

積極的に自分に問いかけて欲しいと思っています。

大学にいることが当たり前でないこと、またそこにある意味を忘れているのではないかな?と感じることも多いからです。

 

卒業後、ほとんどの学生はスポーツ、体育に関係のない仕事を選びます。

そこで、大阪体育大学の卒業生として、求められていることは何なのでしょうか?

それに答えるために、今何をすべきでしょうか?

 

そういうことを考える大きな機会になるのがインターンシップだな、と思っています。

受け入れてくださる企業、団体の皆様に本当に感謝です。

夏休み、インターンシップに行ってきた学生はどんな経験をしてきたでしょう??

明日からの後期の授業、楽しみです!

 

上は今年のゼミ合宿での1枚・・・!卒業生も来てくれました。

 

 

さて、上記のような内容について、卒業生や4年生とも交流をしながら、

今年のゼミ合宿では、プレビューとして?3年生に考えて貰いました。

次は、ゼミの学生が合宿で考えたことについてブログを書いてくれます!!そちらもお楽しみに〜!

スポーツ心理カウンセリングコース レクリエーション大会

7月 29, 2017
sportpsychstudent

ハロー!どうも、小菅ゼミ3回生ゼミ長の干飯啓晃です。

 

僕たちもやっとゼミ活動にも慣れてきて楽しいゼミ活動ができています。

前期はリーダーシップの英語論文の訳をし、

誰が聞いても分かるように、パワーポイントで発表をすることに取り組みました。

自分たちが思っていているよりはるかに大変で悪戦苦闘してますが、

いつか自分たちに身につき、活かしていけるようにと思い頑張っています!

 

そのようなゼミの活動をしている中で先月、

スポーツ心理カウンセリングコースでレクリエーション大会があり

全員でドッチボールをしました。

僕が企画運営をして楽しんでもらえるか心配でしたが、

みんな明るく笑顔が溢れていてとても楽しい雰囲気で出来たと思います。

小菅ゼミは女の子が多い中奮闘し5チーム中3位で終えることができ、

女の子のパワフルな動きに終始驚きを隠せませんでした!

女の子が多い中男達が押されないようにこれからも頑張っていきましょう笑

 

 

来月から夏休みに入り勉強や部活で忙しい日々が続くと思います。

皆さん体を壊さないように気をつけてください。ではまた!

ゼミ活動 – 発表する!

6月 19, 2017
sportpsychstudent

こんにちは!小菅ゼミ3期生の井上萌です!

日差しが強くなってきて、毎日外で部活している組には辛い時期になってきましたね。

今年こそは日焼け止めをきっちり塗ろうと思ってます!

 

さて、ゼミが本格的に活動を始め、ゼミに入る前の噂どうり、

2週間に1度英語の論文を和訳するという課題をこなし、

みんなで読み解くという格闘をしています。

そして、和訳したものを各班に分かれプレゼンテーションしています。

みんなの前でプレゼンテーションするにはしっかり論文を読み込み、

理解する必要があり、それをわかりやする伝える工夫も必要です。

image1.JPG

 

私は前回有田さんが紹介してくれた役割分化理論のプレゼンテーションを、

有田さんともうひとり、ゼミ仲間である池田さんとしました!

 

続きを読む

WordPress.com Blog.