Moe Machida-Kosuga ✕ Sport Psychology

大阪体育大学 スポーツ心理学 小菅(町田) 萌

科学研究費 研究者情報 小菅 (町田) 萌

http://kaken.nii.ac.jp/d/r/80649624

研究業績(論文)

国際誌

Machida-Kosuga, M. (2021). Gender (Dis)Similarity in Mentorship Among Intercollegiate Coaches: Implications for Leader Development. The Sport Psychologist. Advance online publication. https://doi.org/10.1123/tsp.2020-0071.

*Accepted author manuscript version reprinted, by permission, from The Sport Psychologist., 2021, https://doi.org/10.1123/tsp.2020-0071. 論文はこちら

Machida-Kosuga, M. (2017). Interaction of efficacy and leadership competency development. New Directions for Student Leadership, 156, 19-30

Machida-Kosuga, M., Schaubroeck, J., Gould, D., Ewing, M., & Feltz, D. (2017). What influences collegiate coaches’ intentions to advance their leadership careers? The roles of leader self-efficacy and outcome expectancies. International Sport Coaching Journal, 4, 265-278. 論文ページヘのリンクはこちら

Hwang, S., Machida, M., & Choi, Y. (2017). The effect of peer interaction on sport confidence and achievement goal orientation in youth sport. Social Behavior and Personality, 45, 1007-1017.

Machida, M., Schaubroeck, J., & Feltz, D. (2016).  Leader self-efficacy of women intercollegiate athletic administrators: A look at barriers and developmental antecedents. Journal of Intercollegiate Sport, 9, 157-178.

Machida, M., Otten, M., Magyar, T. M., Vealey, R. S., & Ward, R. M. (2016). Examining multidimensional sport-confidence in athletes and non-athlete sport performers. Journal of Sports Sciences, online first, 1-9. 論文ページヘのリンクはこちら

Machida, M., Irwin, B., & Feltz, D. (2013). An examination of resilience in competitive athletes with spinal cord injuries: The role of sport participation. Qualitative Health Research, 23, 1054-1065. doi: 10.1177/1049732313493673

Machida, M., & Feltz, D. (2013). Studying career advancement of women coaches: The roles of leader self-efficacy. International Journal of Coaching Science, 8, 22-27.

Machida, M., Ward, R.M., & Vealey, R.S. (2012). Predictors of sources of confidence in athletes. International Journal of Sport and Exercise Psychology,10, 172-185.

Chase, M. A., & Machida, M. (2011). The role of sport as a social status determinant for children: Thirty years later. Research Quarterly for Exercise and Sport, 82, 731-739.

Machida, M., & Schaubroeck, J. (2011). The role of self-efficacy in leader development. Journal of Leadership and Organizational Studies, 18, 459-468.

Bellinger, D., Budde, B.M., Machida, M., Richardson, G.B., & Berg, W.P. (2009). The effect of cellular telephone conversation and music listening on response time in braking. Transportation Research Part F: Traffic Psychology and Behaviour, 12, 441-451

国内誌

渋沢秀徳・町田萌・濱野光之 (2015). 大学バスケットボール指導者の指導哲学とその形成過程, バスケットボール研究, 1, 73-86.
内田遼介・町田萌・土屋 裕睦 ・釘原直樹.  (2014).スポーツ集合的効力感尺度の改訂・邦訳と構成概念妥当性の検討,体育学研究, 59, 841- 854.

発表資料

2015年10月 国際応用スポーツ心理学会(AASP)

Moe Machida & Todd Loughead “Athlete leadership in sport team: Review and future directions”

⇨    Machida, SYM13, 10.16.15

2014年8月 日本体育学会 キーノート講演の資料です!

⇒     体育・スポーツにおけるリーダーシップ:海外研究の動向

2014年3月 笹川助成研究の結果をまとめたレポートを作成しました!

⇒ スポーツ指導者のキャリア研究レポート

2013年11月 日本スポーツ心理学会 口頭発表

町田萌・荒木香織・木田京子「スポーツ指導者のコーチング効力感と環境および個人要因の関係」

⇒ 日本スポーツ心理学会発表資料

2013年10月 国際応用スポーツ心理学会(AASP)

Moe Machida & Deborah Feltz “Examining a model of career advancement of female and male assistant coaches”

⇒ AASP 2013 Machida& Feltz

コメント1件

  1. ピンバック: キーノートレクチャー in 岩手 | Moe Machida ✕ Sport Psychology

  2. ピンバック: AASP 2015! | Moe Machida ✕ Sport Psychology

コメントを残す

必須項目には * が付けられています。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。