Moe Machida-Kosuga ✕ Sport Psychology

大阪体育大学 スポーツ心理学 小菅(町田) 萌

ゼミ合宿!!(グローバルな人材について)

10月 24, 2018
sportpsychstudent

Nice to meet you!

小菅ゼミ3年生の宮野友輝です!

9月19日から20日の朝にかけてゼミ合宿を行いました!

 

「グローバルな人材」をテーマに取り組み、

3年生は企画のプレゼンやディベートを行いました。

それぞれのグループから「外国人への大阪観光地案内」「異文化あそび交流会」

「観光客へのインタビューin京都」の3つが発表され、どれも楽しそうなものでした。

 

これからの日本について、また指導者や教員という立場での「グローバル」を考える良い機会になりました!

↑グローバルな人材についてディベート

 

 

私の考えるグローバルな人材とは「世界に目を向け考える人材」です。

外国語がわからなくても簡単に訳せる時代です。

井の中の蛙にならず大海を知ろうとすることが出来る人材になりたいですね。

がんばります!

 

また、4年生の先輩や大学院生とも関わることができる貴重な合宿になり、

短い時間ではありましたが実のあるものとなりました!ありがとうございました!

IMG_2262.JPG

暑くて熱い夏!

8月 19, 2018
sportpsychstudent

こんにちは!

小菅ゼミ3年生の橋谷俊平です!

 

今年の夏はとても気温が高く熱中症が相次ぎましたね。

また台風も多く発生し、様々な地域で被害が出ているという報道をよく見ました。

僕の住んでいる地域でも停電断水があり自然の恐ろしさを身をもって実感しました。

皆さんは今年の夏はどのような印象でしたでしょうか?

 

さて、私はライフセービング部に所属しており夏の7月8月がシーズンでした!

普段の部活動とは雰囲気が異なるライフセービングの監視活動では

より一層チーム力が試されます。

「無事故」を目標として監視長中心に淡輪海水浴場を中心に夏の海を守りました!

 

そして今年の活動では、特に小菅ゼミで学んだリーダーシップについて考えました。

どのようにリーダーシップを発揮することができれば、チーム力が向上するのか?

スポーツ心理・カウンセリングコースやゼミ活動で学んだことを

どうすれば活かすことができるのか?

 

監視長をはじめとした中心学年である3年生に良いリーダーシップを発揮させる為には

私はどのようなサポートができるのか?

 

このようなことを意識しながら活動を行いました。

 

例えば、炎天下の中、朝早くから活動をする私たちは日が経つにつれ、疲れが出てきます。

そこで私は周りに疲れを見せないよう練習やトレーニングで人一倍声を出したり、

後輩たちを巻き込み準備から片付けまで率先して動いたり、

時には気が抜けていることもあったので締めるところは締めるなどを意識しました。

 

先輩として、中心学年としてチームの見本となるように行動し

監視活動に対するチームのモチベーションが下がらないような行動を自分なりに考え、

ゼミ活動やコースの授業で学んだことを活かせたのではないかと思います!

 

気温が下がったり上がったりという日が続きますが、

体調管理等気を付けて毎日をパワフルに過ごしましょう!

それでは!!!

 

追試研究 (replication study) 準備

7月 23, 2018
sportpsychstudent

こんにちは‼︎😄☀️

小菅ゼミ3年生の赤路 浩樹です‼︎

 

現在、ゼミでは、前期に学んだ4つの英語のリーダーシップ論文についての、

追試を行う為の話し合いがグループ毎に行われております。

 

あれ?勘違いしている方がいるのでは⁉︎

追試は追試でも追試験ではありませんよ🙄

ここでの追試とは、

「他の人が行った研究を、もう一度その通りに同じ結果が出るか確かめてみること。」です🤔

image1

↑ 製作中風景です。

 

皆、集中し、活動に取り組んでいました。

 

これらの追試によって私達のリーダーシップへの理解がより深まればと思います。

実際に追試を行うのは、後期に入ってからということで、

少し期間は空いてしまいますが、

結果については、次次回ぐらいのブログの更新を楽しみにしていてください。

それでは皆さんまた!

 

追伸:

7月からの記録的大雨により、多大な被害に遭われた地域が出ています。

ここ大阪体育大学も雨の影響を受けた人もいたり・・・😐

被災された地域の方々には1日でも早い復興をお祈りしております。

 

スポーツ心理コース レクリエーション大会!

7月 5, 2018
sportpsychstudent

こんにちは!

小菅ゼミ3回生の岡 紘希です。

6月に入り、蒸し暑い日々が続いていますね。

 

さて先日、スポーツ心理コースのすべてのゼミが集結して

レクリエーション大会でドッジボールを行いました。

試合形式はランダムに分けた6チームの総当たりです。

 

みんな普段のゼミ活動ではシャープペンを握ってばっかりいますが、

ボールを持った途端に体大生らしく本気でボールを投げ合っていました。

10分×5試合行ったのにもかかわらず後半まで元気が残っているのは体大生らしいです。

このドッチボール大会を機にさらにスポーツ心理コース学生の間で

仲が深まったように思います。

 

 

大人数でドッジボールができて、本当に楽しかったです!

 

今回のドッジボールみたいに本気で楽しむことは、チームのチカラの発揮にもつながります。

そんなふうに全員本気で楽しむためには個の力+組織力が求められると思います。

 

強い組織というのは誰かに頼ることなく、

一人一人、それぞれが自分から意識してリーダーシップを発揮します。

他者に頼って楽しむのではなく、

自らが他者に働きかけて楽しめる環境を作る感じです。

 

同じく、ゼミでも一人一人が主体性を持ち

リーダーシップを発揮してさらに楽しいゼミにして行きたい

ということを実感した、ドッジボール大会でした!

本格的なゼミ活動

5月 28, 2018
sportpsychstudent

こんにちは!

小菅ゼミ3年生、副ゼミ長の山中麻由です。

5月に入り、ゼミでの活動が本格的に始まってきました!

さてゼミの最初の課題には、それぞれが学んだことを部活動やそれ以外の活動でも活かすことを目標に取り組んでいます。

この課題は、リーダーシップについてのひとつの英語の論文を手分けして読み、

みんなで理解を深めたのち、4つの班に分かれて順番に、スポーツ現場での活用のアイデアを含めプレゼンテーションするという課題です。

先日私は寺本さん、難波くん (ブログにも後に登場します!)と

3人で役割文化理論についての発表をしました。

この理論は、リーダーはひとりですべての役割を担うよりも、

役割を分担したほうがいいという理論です。

これから他の理論についても学んでいくので、リーダーシップについてもっと

理解を深めていろいろなところで活用できるようにしていきたいです。

 

 

また、5月4日は小菅先生の誕生日ということで、

2週間遅れのお誕生日祝いをさせていただきました🎉

 

先生がゼミの教室に入ってきた瞬間にクラッカーを鳴らしてお祝いしました!

ホワイトボードにメッセージを書き、一人一個お菓子を用意しました。

お菓子は打ち合わせなしで用意しましたが、見事に誰一人として被りませんでした!

この日のゼミではアメリカンスタイルということで、

お菓子をみんなで回して食べながら発表を聞きました。いつもとは違って新鮮でした✨

小菅先生お誕生日おめでとうございました!

では、また!!

WordPress.com Blog.